墨絵作品

墨絵で松田松陰

 
吉田松陰

吉田松陰。

長州藩士杉百合之助の次男で、思想家でもあり教育者でもある武士でした。

一度密航しようとして失敗し入獄となりますが、出獄してから「松下村塾」を開塾し、伊藤博文、高杉晋作など明治維新でキーマンとなる人材を指導し育てました。

しかし日米修好通商条約で幕府を批判したことで、またしても投獄されることとなります。

その後、安政6年10月27日、伝馬町牢屋敷にて死刑となります。